レーザー脱毛で一生もののツルスベ肌を!

レーザー脱毛の種類

今日本で行われているレーザー脱毛の種類を紹介します。どんな機械が使われているか、その特徴も説明。

アザの治療から生まれたレーザー脱毛

レーザー脱毛は、ニードル脱毛(針脱毛、電気脱毛)に比べて、比較的新しい脱毛法です。

もともとの原点は、レーザー光線を使ったシミやアザの治療。顔のアザにレーザーをあてて除去するという施術を行ったところ、偶然にも眉毛が生えてこなかったのです。

この事実に注目したハーバード大学のロックス・アンダーソン博士が研究を開始。後輩のメラニー・グロスマン博士がそれを引き継ぎ、ルビーレーザーによる脱毛機を発明しました。

ただし、このルビーレーザーはメラニンが少ない白人向けで、黄色人種である日本人の脱毛には適していませんでした。

日本人の肌に適したレーザー脱毛機

日本人のようにメラニン色素が多い肌にも対応できるレーザー脱毛機ができたのは1996年。アメリカのフルモント氏が開発した「アレキサンドライトレーザー」は、現在、ほとんどのクリニックでレーザー脱毛機として使われています。

その後、半導体を使った「ダイオードレーザー」が登場しました。冷却装置がついているため痛みが少なく、やけども起こしにくいのが特長です。アレキサンドライトレーザーでは苦手とされる「うぶ毛」の脱毛にも適しています。

さまざまな肌の色や毛の種類にも対応

日本人よりもさらにメラニン色素の多い黒人・ヒスパニック系のために開発した「ヤグ(YAG)レーザー」という機械もあります。もともと色黒の方や、日焼けをしている方にはこのレーザー機が合うでしょう(ただし、日焼け直後の脱毛はできません)。

他に、レーザーの出るスピードが速く、広範囲を一気に脱毛できるという「G-MAX」という機械もあります。

日本のレーザー脱毛では「アレキサンドライトレーザー」が一番多く使われていて、クリニックでもこの1機種のみを使用しているところが多いとか。レーザー脱毛機というのはとても高価なものなので、そう簡単にいくつも買えないという事情があるようです。

でも、肌や毛質はその人や脱毛箇所によっていろいろだから、本当はそれぞれに合ったレーザーの機械を使い分けたほうが、痛みも少なく、確実に毛を処理できるらしいですよ。

ちなみに、私がお世話になった脱毛クリニックでは、上にあげた4種類が全部そろっているそうです。つまり剛毛もうぶ毛も全身おまかせ!という感じなんですね。こうなったら、もう全身ツルピカにしたくなっちゃいます

 
失敗しないレーザー脱毛クリニック選び